HOME 会社案内 通信機器の修理 半導体製造装置
各種ユニット修理
サファイア
単結晶製品
自社開発製品 お客様個人情報 お問い合わせ
 
バックアップ電源の設計・製作



<電子機器の特性把握>
○バックアップ電源接続機器の設置環境・使用環境の把握
○利用開始から通常運転での機器特性の検証
○期間停電や瞬停などのイレギュラー事象想定での機器特性の検証
消費電力・突入電流、電力変動などの特性を把握します。
<バックアップ電源仕様検討>
○バックアップ電源の検討要件(以下表※1を参照)を協議・選定
蓄電機能:蓄電容量・バックアップ必要時間・余裕率など
管理機能:電池マネジメント・アラーム機能などの設計仕様を協議・確定します。
<アフターケア>
機器メンテナンス・蓄電池定期交換などの対応を協議・確定します。


※1 <バックアップ電源の代表的検討要件>
蓄電池種類 鉛系希硫酸電解液 ×ガス発生の危険性有り ×化学的劣化多く自己放電率高い ◎安価
シリコン電解液 ◎ガス発生の危険性無し ○化学的劣化少く自己放電率低い ◎安価
リチウムイオン系 ◎高容量 ◎小型化が可能 ×充放電制御(複雑) ×高価 ×受注生産方式が多い
電池構造 開放式 ×傾きにより電解液漏れ危険 ×電解液蒸発しやすく液補充が必要 ◎安価
セミシールド △限度以上傾きでは電解液漏れ危険 ○電解液蒸発を防ぐ構造 ◎車・船舶に搭載実績 ○安価
密閉式 ◎全方向にて電解液漏れ無し ◎寿命までメンテナンス不要 △比較的高価
出力波形 矩形波 △使用可能機器に制約有り
×精密機器には使用不可
擬似正弦波
正弦波 ◎電圧変動や歪無し ◎商用電源よりも安定電力供給
給電方式 常時商用 商用電源とインバーター出力との停電時自動切替方式。切替時タイムラグ(5ms程度)発生。
◎低消費電力 ◎停電時のみ切替の為、蓄電池への負荷が軽い ◎制御回路シンプル ◎安価
常時インバータ 商用電源と蓄電池とを共にインバータ出力。◎無瞬停で安定電力供給。
×効率が悪く消費電力は高い △常時インバータ稼動の為、負荷が大きい △制御回路複雑 ×高価
設置環境 室 内 静音対策が必要。 接続機器との調和を考慮。
屋 外 防水・防塵構造が必要。 配電盤が必要。

 

サンプル品のご紹介


基本仕様
蓄電池種類 鉛蓄電池
電池構造 完全密閉式
出力波形 正弦波出力
給電方式 常時商用方式
設置環境 室内設置
試作開発電源仕様
蓄電容量 580Wh
充電時間 約3時間(90%容量)
蓄電池寿命 5年(使用環境により変動)
蓄電池メンテナンスフリー
 
 

コンプレッサー内臓電子機器(カタログ仕様 流量3L/分 消費電力240W<50Hz>)
停電時バックアップ実績時間:約3時間(計画停電への対応を考慮)

 


  HOME 会社案内 お問い合わせ ページTopへ
(C) 2003 Daiichi Tsushin Kogyo Ltd. All Rights Reserved.